WiMAXインターネットエリア接続マップ

WiMAXの全国の接続エリア状況に関する情報サイトです。この他、Wimax2+のキャンペーン情報やモバイルルーター比較、プロバイダ比較、回線速度などの情報を提供していきます。

WiMAXに関するよくある質問

【FAQ】WiMAXのプロバイダ・料金・端末・使い方・通信制限・通信速度などに関するよくある質問

更新日:

c12d3cd4bc6cfb632d6afef3403ccf7c_m

Contents

WiMAXに関する質問

WiMAXとは何でしょうか?

WiMAX(ワイマックス)はUQコミュニケーションズが提供する無線データ通信のことです。
簡単言うと、スマホよりも小さいサイズの端末を持ち歩くことで無線LANによってインターネットに接続することが出来るモバイルルーターです。

WiMAXのメリット・デメリットは何でしょうか?

WiMAXのメリットは主に下記の点があります。

  • 光回線よりも月額料金が安く利用出来る
  • 回線工事不要なので即利用することが可能
  • エリア内であれば家でも外でもインターネットが可能
  • WiMAX1台だけでスマホやノートPC、液晶テレビにも無線LAN・有線LANでインターネットが可能

その一方でWiMAXのデメリットは下記の点があります。

  • WiMAXのカバーエリア外であれば接続が出来ない
    (公衆無線LANやauの回線を使うことでエリア外でも接続
  • データ通信量が3日間で10GB以上を超えると18時から翌2時まで速度制限がある
    (2017年2月までは3日間で3GBだったので大幅に緩和しています)
  • WiMAXの端末を常に持ち歩く必要がある
    (端末はスマホよりも小さいサイズで重量は100g前後なので気にならない重さです)

WiMAXも光回線のように回線とプロバイダの2社と契約する必要があるのでしょうか?

WiMAXはプロバイダ1社と契約をすれば利用可能です。
WiMAXの仕組みも光回線と同様に固定回線とプロバイダとに分かれているのですが、プロバイダ各社がUQコミュニケーションズから回線を借りて運営している為にプロバイダに申し込むだけでWiMAXを利用することが出来ます。

WiMAXとWiMAX2+の違いは何でしょうか?

WiMAXとWiMAX2+との違いは通信方式です。通信方式として2015年前半まではWiMAXが主流でしたが、それ以降はWiMAX2+が現在の主流です。現在販売されている端末は全てWiMAX2+に接続することが可能です。

そしてWiMAXからWiMAX2+に通信方式が変更したことで大きく変化したのが最大通信速度です。WiMAXは最大通信速度13.3Mbps(以前は40Mbps)であったのに対して、WiMAX2+は最大通信速度が708Mbpsと、WiMAX2+の方が圧倒的に通信速度が速くなりました。

Pocket WiFiとWiMAXとの違いは何でしょうか?

Pocket WiFiとはY!mobile(ワイモバイル)が販売しているモバイルルーターです。モバイルルーターという点ではWiMAXもPocket WiFiも同じです。また料金体系もほとんど同額です。
WiMAXとPocket WiFiで違うのは速度制限の種類と通信速度です。後述していますがWiMAXはデータ通信量が3日間で10GBを超えると18時から翌2時まで速度制限が行われる場合があります。ただしこの速度制限時も動画を閲覧出来る通信速度は維持されるので動画はもちろんネットサーフィンも可能です。
その一方でPocket WiFiも3日間3GBの速度制限を設けていますが、一旦速度制限になると低速すぎて全くインターネットに繋がらなくなります。実測として速度制限時にWiMAXが5Mbps前後であるのに対して、Pocket WiFiは0.03Mbpsでした。また、WiMAXは月間データ通信量無制限ですが、Pocket WiFiは月間の上限が設定されておりそれを越すと速度制限がかかります。この時の通信速度も同様にかなり低速です。

つまり、WiMAXの方が速度制限が緩い上に、仮に速度制限になったとしても公式サイトが発表している通り、動画を見れるような速度が出るので、快適にインターネットができるようになっています。

【参考】WiMAXとPocket WiFiモバイルルーター選ぶならどっち?料金や月間無制限からWiMAXがおすすめ!

プロバイダに関する質問

WiMAXのプロバイダはどんな会社があるのでしょうか?

UQ WiMAXやBroad WiMAX、BIGLOBE、So-netなど通信会社の他、ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機など家電量販店もWiMAXのプロバイダです。

UQ WiMAXとその他のプロバイダの違いは何でしょうか?

UQコミュニケーションズはWiMAXの回線業者でありながらUQ WiMAXというプロバイダでもあります。つまりUQ WiMAXを運営しているのはWiMAXを管理している会社ということです。

そしてUQ WiMAXとその他のプロバイダは、UQコミュニケーションズから回線をレンタルしている会社(回線をレンタルする会社をMVNOと言います)かどうかの違いがあります。UQ WiMAXは回線業者ですが、その他のプロバイダは全てMVNOです。

【参考】UQ WiMAXは万一のトラブルでも安心!商品券1万円分プレゼント!プロバイダ比較したメリット・デメリットは?

UQ WiMAXとその他のプロバイダとで通信速度や安定さに違いはあるんでしょうか?

違いはほぼありません。理由はプロバイダが使っている回線が全て同じだからです。ですからUQ WiMAXではないからと言って、速度が遅いとかカバーエリアが狭いということはありません。

プロバイダの選び方のポイントはあるんでしょうか?

プロバイダ各社、使用している回線の質は同じなので、月額料金やキャンペーンでプロバイダを選ぶと良いと思います。プロバイダによっては月額料金が毎月1,000円近く差があるところもあります。

おすすめのプロバイダはどこでしょうか?

当サイトではBroad WiMAXをおすすめしています(私も現在使っています)。
理由は月額料金が最も安いからです。初回申し込みから3ヶ月までは月額2,856円、4ヶ月目以降では月額3,541円になります。他のプロバイダよりも毎月1,000円近く安くなっています。
また、WiMAXの端末代は無料であり、万一WiMAXに不満があった時には解約手数料が免除され他の通信サービスに移行出来るサービスもあります。

【参考】Broad WiMAXの評判は?料金が安く無制限で利用できるので満足!

▶︎Broad WiMAX公式ページ

WiMAXを利用するには全部でいくらかかるのでしょうか?

料金はプロバイダによって多少異なるものの、多くのプロバイダが申し込み時に必要な事務手数料3,000円と月額料金だけです。この他、電話サポートや端末が壊れた時の為のオプションサービスなどがありますが、基本的にオプションサービスは不要、月額料金のみで良いです。

WiMAXを申し込むのは初月・月末のどちらで申し込む方がお得でしょうか?

申し込み時期によって損得はありません。
途中から申し込むんだ月は日割り計算で月額料金が請求されます。

【参考】WiMAXに申し込むなら月初・月末のどっちがお得?月額料金・初回キャンペーンを最大限活用!

WiMAXの通信速度・データ通信量・通信制限に関する質問

WiMAXはどのくらいの通信速度が出るのでしょうか?

WiMAXは現在標準の通信方式であるWiMAX2+の最大通信速度は708Mbpsです。ただしこの速度はベストな環境で測定された数値であり、実際にこの速度が出ることはほぼありません。

WiMAXにはどのような通信制限があるのでしょうか?

現在、WiMAX2+の通信制限は、データ通信量が3日間で3GBを超えた時に翌日の昼から翌々日の昼の1日間にかけて速度制限が行われています。つまり毎日1GB以上使い続けていると4日目には通信速度が落ちる場合があります。ですが速度制限時でも動画が観れるような速度は維持されますので速度制限時でもネットサーフィンはもちろん、音楽や動画も楽しめます。

WiMAXは月間どのくらいのデータ通信量を使うことが出来るのでしょうか?

WiMAXは月間のデータ通信量に制限を設けていません。つまり現状は月間無制限で利用することが可能です。実際、私は毎月100GB以上を使っていますが問題なくインターネットが出来ています。

【参考】WiMAX2+は月間無制限で使える?直近3ヶ月のデータ通信量を公開

WiMAXの端末に関する質問

WiMAXを使える端末にはどのような種類の端末があるのでしょうか?

WiMAXは、家でも外でもネットが出来る端末「W05」「WX04」などもあれば、ホームルーター型の「Speed Wi-Fi HOME L01」「novas Home+CA」などもあります。WiMAXを家でも外でも使いたい方には「W05」「WX04」がおすすめです。

【参考】WiMAX2+モバイルルーター端末比較!おすすめのモバイルルーターは?

WiMAXのおすすめの端末はありますか?

現時点では「W05」がおすすめの端末です。
「W05」は現行モデルでは最速の708Mbpsであり、「WiMAX2+」と「au 4G LTE」の2つの通信方式を使うことが出来ます。
「au 4G LTE」はauスマホの回線になり富士山山頂でもインターネットに接続することが可能なので万一、「WiMAX2+」が繋がりにくくなっても安心です。

クレードルは必要でしょうか?

クレードルは必須ではありませんがあると便利なのでおすすめです。
クレードルはWiMAXの端末を載せる台のことです。クレードルの機能としては、1.充電が可能、2.有線LAN接続が可能、の2点があります。端末をクレードルに置くだけで充電することが出来るので充電し忘れることもありません。また、クレードルには有線LANポートがあるので無線LANのWiMAXを有線LANで接続することが可能であり、無線LANでは難しい液晶テレビやデスクトップPCでもインターネットに繋ぐことが可能です。

【参考】WiMAXのクレードルは申し込む必要がある?有線LAN接続や充電が出来るので便利!

WiMAXの使い方に関する質問

WiMAXで簡単にインターネットが出来るのでしょうか?

簡単にインターネットに接続可能です。
WiMAXの端末を起動した上で、スマホであればWi-Fi機能をオンにするだけです。また、PCについても同様です。固定回線のように煩雑な設定は一切不要で利用することが出来ます。

iPhoneやXperia、GalaxyなどのスマホでもWiMAXを使うことは出来るのでしょうか?

現在のスマホであればどのメーカーでもWiMAXを使うことが出来ます。設定方法は多少異なりますが、どのスマホでもWi-Fi機能があるのでそれをオンにするだけです。もちろんスマホのOSがiOSであろうとAndroidであろうと関係なく利用可能です。

デスクトップPCでWiMAXを使う時にはどうすればいいんでしょうか?

最近のデスクトップにはWi-Fi機能があるモデルも多く、その機能があればスマホと同じようにオンにすればWiMAXを使うことが可能です。
その一方でWi-Fi機能がないデスクトップPCの場合、1.クレードルを使って有線LANでWiMAXに接続、2.無線LAN子機を使って無線LANでWiMAXに接続、2種類の方法があります。

WiMAXは固定回線の代わりとして使うことは可能でしょうか?

可能です。私は光回線を解約しWiMAXだけで5年以上使っていますが、WiMAXは通信も安定しており月間インターネット使い放題なので固定回線の代わりとして十分な機能を持っています。

オススメ!WiMAX2+プロバイダ

Broad WiMAX WiMAX2+

Broad wimax

Broad WiMAXは月額料金最安値!
Broad WiMAXはWiMAX2+のプロバイダです。
他のプロバイダよりも年間で1万円も安く、キャンペーンにより初期費用・端末代が無料です。
ギガ放題プランは月間データ通信量無制限・安定した通信速度でインターネットを使うことが出来ます。

GMOとくとくBB WiMAX2+

GMOとくとくBBは20日以内ならキャンセル無料!
GMOとくとくBBはWiMAX2+のプロバイダです。
他のプロバイダと比べてキャッシュバックが大きく最大33000円ものキャンペーンを実施中です。今なら端末代・クレードルも無料です。

クレジットカードがない未成年でも申し込み可能!

-WiMAXに関するよくある質問

Copyright© WiMAXインターネットエリア接続マップ , 2019 All Rights Reserved.