WiMAXインターネットエリア接続マップ

WiMAXの全国の接続エリア状況に関する情報サイトです。この他、Wimax2+のキャンペーン情報やモバイルルーター比較、プロバイダ比較、回線速度などの情報を提供していきます。

ニュースコラム

アマゾンがプライムビデオでテニスを放送決定!年会費ビジネスは儲かる?会員獲得に向けて新サービスの拡充も!?

投稿日:

Amazonがプライム会員向けにテニスのストリーミングを開始

米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)は、男子プロテニス協会(ATP)の試合の放映権獲得競争で英有料テレビ放送スカイ(SKYB.L)に勝ったことから、英国とアイルランドで2019年から、プライムビデオ会員を対象にATPの試合のストリーミングサービスを開始することになった。
(参照:https://jp.reuters.com/article/amazon-com-tennis-atpfinals-idJPKBN1DH0DI)

日本でもテニス人気が高まる中で、テニスの本場であるイギリスとアイルランドで2019年からAmazonのプライムビデオでストリーミング放送が決定しました。

日本でも錦織圭選手の活躍もあり、四大大会(グランドスラム)のオーストラリアンオープンとウィンブルドンや、マスターズ1000を地上波でも視聴できるようになりました。
確か、以前はフレンチオープンやUSオープンなど四大大会すべてを地上波で視聴できたんですけどね…。

今回は2国限定のようですが、テニスは世界中で人気のスポーツなのでAmazonはその他の国でもテニスを視聴できるように取り組みを実施するはずです。

それにしても、ここ最近のAmazonは、プライム会員向けのサービスの充実具合はすごいですね。

元々、Amazonのプライム会員の特典というのが翌日配送や無料配送サービスだけだった気がします。
ちょうど私もこのタイミングでプライム会員となり、それからずっとプライム会員です。

今も昔もAmazonのプライム会員費は年間3,900円だった気がします。
従来はプライム会員の特典が配送サービスだけだったのが、ここ2,3年でプライム会員向けのサービスが充実しています。

プライム会員特典としては…、

  • 無料配送
  • Prime Now
  • プライム・ビデオ(Amazonビデオ)
  • Prime Music
  • プライム・フォト
  • Prime Reading…などその他複数

ざっくりですが現在、上記のサービスが特典としてあります。

ネット通販を頻繁に利用する人にとっては無料配送サービスだけでも十分年会費を支払う価値がありましたが、サービス拡充によってプライム会員拡大を図っています。

月間インターネット使い放題
Broad wimax

薄利多売の小売を年会費が大きく貢献。今後は新サービスも?

近年、プライム会員の特典を拡充しすぎて心配なのが、年会費だけでビジネスが成立するのかどうかという点です。

プライム会員向けのサービスで配送サービスの次によく利用しているのが、Amazonビデオ(プライム・ビデオ)です。
Amazonビデオの中には有料のコンテンツも含まれており、プライム・ビデオのコンテンツを無料で視聴することができるのですが、無料では申し訳ないくらいコンテンツが充実しています。

また、Prime Musicも洋楽を中心に、様々な音楽を聴くことができます。
Prime Musicでうれしいのが、「2016 洋楽ランキングTOP100」「TV CM洋楽ソングス」「90年代 J-POP」「仕事がはかどるアンプラグド・ポップス」のようにそれぞれのテーマごとに様々な音楽がまとまっているプレイリストです。

Amazonのプライム会員のビジネスについてですが、根拠はありませんが予想するにギリギリ黒字という状態ではないでしょうか。
ご存知ない方も少なくないかもしれませんが、Amazonは数年前まで赤字が続いていてつい最近やっと利益が出るようになった段階です。

ちなみに、この黒字転換に大きく貢献しているのが、アマゾンウェブサービス(AWS)というクラウドコンピューティングです。
クラウドというとGoogleドライブやiCloud、OneDriveなどクラウドストレージが有名ですが、AWSはそのビジネス版です。
従来ならWebビジネスを始めるためには大規模なデータセンターやサーバーが必要でしたが、AWSを使えばそれが不要になります。

話は若干それてしまいましたが、Amazonは薄利多売の小売です。
おそらく、従来のネット通販だけでは収支はギリギリの状態のはずですが、それを黒字転換へとさせているのがAWSとプライム会員の年会費だと思います。

例えば、年会費4,000円が必要な会員制のコストコは、2014年の報告書によると、(会員費を除くと)売上高から費用(仕入原価と販管費)を除くとギリギリ利益が出るくらいです。
でも、会員収入の3,000億円弱を加算すると、売上高13兆円に対して利益率が3%になります。

コストコで会員収入が3,000億円弱もあるならAmazonは1兆円以上あるんじゃないでしょうか。
2016年のAmazonの売上高はコストコとほぼ同額の14兆円なのでプライム会員の年会費がいかにAmazonを支えているかが分かります。

しかも、年会費は前払いなので資金繰りにも有効なビジネスモデルではないでしょうか。
Amazonの利用者数を考えると、少しでもプライム会員になってもらうことで年会費が収益に大きく貢献するので、その為の投資としてサービスを拡充するのも分かる気がします。

今後はAmazonプライム会員にとってさらに新しいサービスを利用することができるかもしれませんね。

WiMAXでスマホ代や光回線など通信費を節約してみませんか?

area2

WiMAXは月額2,726円でインターネット使い放題で通信費をお得に!

WiMAX(ワイマックス)とは、写真にあるようなスマホサイズの専用端末を使ってWi-Fi(無線LAN)にてインターネットができる通信回線のことです

>>WiMAX公式ページ

WiMAXは、端末を持ち歩くこと(モバイル)で自宅でも外出先でもインターネットが利用できるので、モバイルルーターやモバイルWiFiとも言われています。

 WiMAXSoftbank Air光回線
月額料金2,726円~3,696円~5,000円前後
端末本体代無料有料(58,320円)一部有料
工事費無料無料有料(1.8~4万円)
最大通信速度708Mbps350Mbps100Mbps~1Gbps
月間データ通信量無制限無制限無制限
使い方自宅・外出先自宅のみ自宅のみ

インターネット回線と言えば、お馴染みの光回線やスマホのデータ定額(パケットパック)がありますが、料金の安さや利便性、通信品質ではWiMAXが個人的におすすめです
実際、私はWiMAXを7年も使っています。

【WiMAXの特徴】

  • 月額2,726円でWiMAX端末も無料!
  • 月間インターネット使い放題!高速ネットで動画も快適
  • 家でも外でも、スマホやパソコン、タブレットでインターネットが可能
  • 回線工事は不要!即日発送で早ければ翌日に。使い方も簡単
  • WiMAX活用でスマホ料金や光回線の通信費を大幅に節約!

WiMAXは月額2,726円と格安な上に、インターネット使い放題です
スマホなら毎月5GBのデータ通信量に月額5,000円もかかっていますが、WiMAXは定額制で月間データ通信量無制限なので100GB以上も使えますよ。

WiMAXはスマホサイズの端末を持ち歩けば自宅でも外出先でもインターネットができます
外出先では公衆無線LANやスマホでテザリングでネットしていた方も、WiMAXがあればスマホやパソコン、タブレットなどで高速インターネットが可能です。

そして、WiMAXを活用してスマホ料金や光回線などの通信費を半額にすることも可能です
スマホや自宅でのインターネットをWiMAXにまとめるだけで、毎月8,000円以上節約できました。
ちなみに、私のスマホやWiMAXを含めた1ヵ月の通信費用は月額5,500円程度です

WiMAXでスマホやパソコンなどインターネットをもっと快適に、スマホ料金や光回線代などの通信費を節約してみませんか?

WiMAXについて詳しくはこちら

WiMAXでおすすめのプロバイダ・プランはこちら!

WiMAXのプロバイダで月額料金が最安のBroad WiMAXがおすすめ!

きっと、WiMAXを申し込もうと思ってもどのプロバイダや料金プランを選べばいいのか迷っているんじゃないでしょうか?

まずWiMAXを使い始めるには、10社以上あるWiMAXのプロバイダ選びが必要です。
各プロバイダは同じWiMAXの回線を使っているのでプロバイダ間による通信品質の差はありません。

そこで、個人的に一番おすすめなプロバイダがBroad WiMAXです

>>Broad WiMAX公式ページ

Broad WiMAXをおすすめする理由は…、

  • 月額2,726円でWiMAXのプロバイダで最安
  • WiMAXの最新端末が全て無料
  • 満足できない場合は無料でキャンセルが可能

Broad WiMAXの最大のメリットが月額2,726円でプロバイダで最安なところです
他のプロバイダよりもBroad WiMAXは毎月1,000円前後も安いので、気軽にWiMAXを使うことができますよ。

【WiMAX2+】Broad WiMAXの口コミ・評判は?月額2,726円で最安値!インターネットは無制限!
プロバイダ最安値!Broad WiMAXとは? Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は、リンクライフ(Link Life)という通信会社が提供するWiMA...

Broad WiMAXでは、申し込み方法として、(1)電話、(2)Web、の2種類ありますが、Webから申し込めば初期費用(18,857円)が無料になるので、Webから申し込む方がお得です

Webから申し込みをする際には、料金プランとWiMAX本体(端末)、支払い方法を選ぶ必要があります。
月間インターネット使い放題で料金を安く、使いやすい、おすすめのプランは下記の通りです。

  • プロバイダ:Broad WiMAX
  • 料金プラン:ギガ放題月額最安プラン
  • 端末(モバイルルーター):「W05」
  • 支払い方法:クレジットカードが便利

端末(モバイルルーター)に「W05」をおすすめする理由は(1)最大通信速度がWiMAX2+で最速、(2)富士山山頂でもインターネット可能な「au 4G LTE」が利用できる、からです
さらに詳細を知りたい方は、Broad WiMAXの詳細と口コミ、そして端末選びはWiMAXでおすすめの端末は?ご覧ください。

スマホからでも申し込みは簡単

オススメ!WiMAX2+プロバイダ

Broad WiMAX WiMAX2+

Broad wimax

Broad WiMAXは月額料金最安値!
Broad WiMAXはWiMAX2+のプロバイダです。
他のプロバイダよりも年間で1万円も安く、キャンペーンにより初期費用・端末代が無料です。
ギガ放題プランは月間データ通信量無制限・安定した通信速度でインターネットを使うことが出来ます。

GMOとくとくBB WiMAX2+

GMOとくとくBBは20日以内ならキャンセル無料!
GMOとくとくBBはWiMAX2+のプロバイダです。
他のプロバイダと比べてキャッシュバックが大きく最大33000円ものキャンペーンを実施中です。今なら端末代・クレードルも無料です。

クレジットカードがない未成年でも申し込み可能!

-ニュースコラム
-, , ,

Copyright© WiMAXインターネットエリア接続マップ , 2019 All Rights Reserved.