WiMAXインターネットエリア接続マップ

WiMAXの全国の接続エリア状況に関する情報サイトです。この他、Wimax2+のキャンペーン情報やモバイルルーター比較、プロバイダ比較、回線速度などの情報を提供していきます。

ニュースコラム

音楽ストリーミングDeezer HiFiが利用可能に!音質で差別化になるか?今後は著作権も定額制で利用できる時代に?

投稿日:

DeezerはGoogle、Apple、Amazonに対して音質で差別化

フランスに本拠を置くDeezerは、「CD音質」をうたう音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」(ディーザー ハイファイ)を12月8日にスタートした。月額1960円(税込)で3600万曲が聴き放題になる。
(参照:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/08/news091.html)

今回が日本初上陸ということもあって、国内では知らない方も多いと思いますが、Deezerは海外ではメジャーなストリーミングサービスの1社です。

今まで音楽を聴くとしたら、CDかCDをダウンロードしてiPodやWalkman(ウォークマン)、コンポ、パソコンを使うことが大半でした。
でも、ここ最近はインターネットが使える環境ならTSUTAYAにもないようなマイナーな曲まで簡単に手に入れられる音楽ストリーミングサービスが多くなっています

例えば、アメリカでは音楽の売上比率で約5割がストリーミング、次にダウンロードが3割、残りがCDなどで2割になっています。
つまり、音楽の売上の8割がインターネットで入手する方法で、CDそのものを購入しない使い方が主流になっています。

日本ではおそらく、ここまで極端ではないかもしれませんが、90年代の音楽のベストランキングなどと比較すると、ここ最近は1万曲でも上位になるような時代になり、CDが売れない時代になっているのかもしれません。
そして、近いうちにCDは完全に廃止されていき、インターネットで音楽を入手するような時代になるはずです。

音楽ストリーミングサービスがビジネスとして成立するには、楽曲数と料金の安さが鍵になっていましたが、Deezerは乱立する音楽ストリーミングサービスの中で、「音質」で差別化を図っています

大手の音楽ストリーミングサービスと比較すると、Deezerは楽曲数が3600万曲で月額1,960円、Google Play Musicは楽曲数が4000万曲で月額980円、Apple Musicは楽曲数3000万曲で月額980円です。
つまり、Deezerは通常のストリーミングソフトよりも月額1,000円高くなっています。

おそらく、Deezerの月額料金が高いのではなく、GoogleやAppleがインターネットビジネスの優位性から安すぎるように思います
GoogleやAppleがほぼ同じ楽曲数を提供できるのにDeezerよりも1,000円も安く提供できるのは、2社とも既存事業で音楽ストリーミングサービスに近いサービスを運営しており、楽曲会社とのネットワークや十分なリソースを有していたからだと思います。

正直、音楽ストリーミングソフトはスマホで聞く方が大半であり、特にiPhoneが多いと思いますが、iPhoneのイヤホンならいくら音質を高めてもほとんど効果がないような気がします。
大きなリソースがある、GoogleやApple、Amazonと競合するのはかなり難しい気がします。

音楽ストリーミングサービスにはインターネット環境が必須

先ほど、音楽産業の売上の構成でストリーミングが5割、ダウンロードが3割とご紹介しました。
ダウンロードよりもストリーミングの方がシェアが多いのは、ストリーミングが定額制で毎月何曲も色々な曲を好きに聞くことができるのに対して、ダウンロード式は特定の楽曲を購入するのでダウンロードの方が曲数に応じて料金も高くなっていきます。

最近では、ダウンロード式もアルバム単位ではなく、1曲ずつから購入することもできるようになっていますが、マイナーな曲でもない限り、ストリーミングの方が安く済む人が多いと思います。

ただ、ストリーミングは月額料金が安い上に、最近では何千万曲から音楽をチョイスすることが出来るので便利なサービスなのですが、欠点なのはインターネットが必須ということです

ダウンロードはCDの代替版みたいなもので、CDではなくデータに代わっただけなので、一旦ダウンロードしてしまえば、インターネット環境がないオフラインでも音楽を楽しむことができます。

その点、ストリーミングは楽曲を選択している時はもちろん、音楽を聴いている時でもインターネット環境が必要なサービスも少なくありません。
最近のストリーミングサービスにはキャッシュ機能という、スマホに音楽を一時的に保存する仕組みがあるのでこれがあればストリーミングでも一度聞いたことがある音楽についてはインターネット環境がなくても音楽を楽しむことができます。

そんな時こそ、自宅でも家でもインターネットができるWiMAXは便利ですよ
月額2,726円で月間インターネット使い放題なので、データ通信量などを気にすることなく、音楽や動画のストリーミングを楽しむことが出来ます。

月間インターネット使い放題
Broad wimax

動画や本に続き、著作権の対象が定額制で利用できる時代に?

それにしても、今回のDeezerなどを含めたストリーミングサービスが多くなっています。
上述の通り、これまでは音楽をCDで購入(レンタル)かダウンロードで購入していたのが、ストリーミングによって定額制で好き放題に音楽を楽しめるようになりました。

音楽以上に盛り上がりがあるのが、動画のストリーミングサービスであるオンライン動画です
動画ストリーミングサービスとしては、HuluやNetflix、Amazonビデオなどが有名です。

ただ、この動画ストリーミングサービスに限っては、主要なサービスはGoogleやApple、Amazonの大企業に対して大健闘している分野です。

AmazonビデオこそAmazonが運営していますが、HuluやNetflixはこの3社の関与はほとんどありません。
音楽以上に、動画の方が大容量のデータを配信する仕組みなどが必要なので、動画ストリーミングサービスこそGoogleやAppleがリードできる分野だと思っていました。

この音楽と動画で共通するのが、著作権です。
どちらも著作権があり、それからあるからこそ著作者は権利を主張することができ、金銭を得ることができます。

著作権は、無体財産権(無形固定資産)になります。
具体的には、本や言語、音楽、絵画、建築、映画、図形、プログラムなども著作権の範囲は多岐に渡ります。

ここでふと思ったのですが、動画や音楽など著作権のあるサービスを配信するビジネスがあるなら、そのほかの著作権もストリーミングなどが可能なのではないでしょうか?

動画や音楽に続いて、最近定額制で利用できるのが本です。
有名なのがAmazonのKindle Unlimitedで、月額980円で読み放題になります。
この他にも本を定額制で読み放題できるサービスがいくつかありますが、本の図書館とも言えるAmazonが他を圧倒しそうですね。

今後は、動画や音楽、本以外にも、建築やプログラムなど定額制で配信してお得に利用できるビジネスができるかもしれませんね

WiMAXは格安でインターネット使い放題!WiMAXとは?

area2

WiMAXは月額2,726円でインターネット使い放題で通信費をお得に!

WiMAX(ワイマックス)とは、写真にあるようなスマホサイズの専用端末を使ってWi-Fi(無線LAN)にてインターネットができる通信回線のことです

>>WiMAX公式ページ

WiMAXは、端末を持ち歩くこと(モバイル)で自宅でも外出先でもインターネットが利用できるので、モバイルルーターやモバイルWiFiとも言われています。

 WiMAXSoftbank Air光回線
月額料金2,726円~3,696円~5,000円前後
端末本体代無料有料(58,320円)一部有料
工事費無料無料有料(1.8~4万円)
最大通信速度708Mbps350Mbps100Mbps~1Gbps
月間データ通信量無制限無制限無制限
使い方自宅・外出先自宅のみ自宅のみ

インターネット回線と言えば、お馴染みの光回線やスマホのデータ定額(パケットパック)がありますが、料金の安さや利便性、通信品質ではWiMAXが個人的におすすめです
実際、私はWiMAXを7年も使っています。

【WiMAXの特徴】

  • 月額2,726円でWiMAX端末も無料!
  • 月間インターネット使い放題!高速ネットで動画も快適
  • 家でも外でも、スマホやパソコン、タブレットでインターネットが可能
  • 回線工事は不要!即日発送で早ければ翌日に。使い方も簡単
  • WiMAX活用でスマホ料金や光回線の通信費を大幅に節約!

WiMAXは月額2,726円と格安な上に、インターネット使い放題です
スマホなら毎月5GBのデータ通信量に月額5,000円もかかっていますが、WiMAXは定額制で月間データ通信量無制限なので100GB以上も使えますよ。

WiMAXはスマホサイズの端末を持ち歩けば自宅でも外出先でもインターネットができます
外出先では公衆無線LANやスマホでテザリングでネットしていた方も、WiMAXがあればスマホやパソコン、タブレットなどで高速インターネットが可能です。

そして、WiMAXを活用してスマホ料金や光回線などの通信費を半額にすることも可能です
スマホや自宅でのインターネットをWiMAXにまとめるだけで、毎月8,000円以上節約できました。
ちなみに、私のスマホやWiMAXを含めた1ヵ月の通信費用は月額5,500円程度です

WiMAXでスマホやパソコンなどインターネットをもっと快適に、スマホ料金や光回線代などの通信費を節約してみませんか?

WiMAXについて詳しくはこちら

WiMAXでおすすめのプロバイダ・プランはこちら!

WiMAXのプロバイダで月額料金が最安のBroad WiMAXがおすすめ!

きっと、WiMAXを申し込もうと思ってもどのプロバイダや料金プランを選べばいいのか迷っているんじゃないでしょうか?

まずWiMAXを使い始めるには、10社以上あるWiMAXのプロバイダ選びが必要です。
各プロバイダは同じWiMAXの回線を使っているのでプロバイダ間による通信品質の差はありません。

そこで、個人的に一番おすすめなプロバイダがBroad WiMAXです

>>Broad WiMAX公式ページ

Broad WiMAXをおすすめする理由は…、

  • 月額2,726円でWiMAXのプロバイダで最安
  • WiMAXの最新端末が全て無料
  • 満足できない場合は無料でキャンセルが可能

Broad WiMAXの最大のメリットが月額2,726円でプロバイダで最安なところです
他のプロバイダよりもBroad WiMAXは毎月1,000円前後も安いので、気軽にWiMAXを使うことができますよ。

【WiMAX2+】Broad WiMAXの口コミ・評判は?月額2,726円で最安値!インターネットは無制限!
プロバイダ最安値!Broad WiMAXとは? Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は、リンクライフ(Link Life)という通信会社が提供するWiMA...

Broad WiMAXでは、申し込み方法として、(1)電話、(2)Web、の2種類ありますが、Webから申し込めば初期費用(18,857円)が無料になるので、Webから申し込む方がお得です

Webから申し込みをする際には、料金プランとWiMAX本体(端末)、支払い方法を選ぶ必要があります。
月間インターネット使い放題で料金を安く、使いやすい、おすすめのプランは下記の通りです。

  • プロバイダ:Broad WiMAX
  • 料金プラン:ギガ放題月額最安プラン
  • 端末(モバイルルーター):「W05」
  • 支払い方法:クレジットカードが便利

端末(モバイルルーター)に「W05」をおすすめする理由は(1)最大通信速度がWiMAX2+で最速、(2)富士山山頂でもインターネット可能な「au 4G LTE」が利用できる、からです
さらに詳細を知りたい方は、Broad WiMAXの詳細と口コミ、そして端末選びはWiMAXでおすすめの端末は?ご覧ください。

スマホからでも申し込みは簡単

オススメ!WiMAX2+プロバイダ

Broad WiMAX WiMAX2+

Broad wimax

Broad WiMAXは月額料金最安値!
Broad WiMAXはWiMAX2+のプロバイダです。
他のプロバイダよりも年間で1万円も安く、キャンペーンにより初期費用・端末代が無料です。
ギガ放題プランは月間データ通信量無制限・安定した通信速度でインターネットを使うことが出来ます。

GMOとくとくBB WiMAX2+

GMOとくとくBBは20日以内ならキャンセル無料!
GMOとくとくBBはWiMAX2+のプロバイダです。
他のプロバイダと比べてキャッシュバックが大きく最大33000円ものキャンペーンを実施中です。今なら端末代・クレードルも無料です。

クレジットカードがない未成年でも申し込み可能!

-ニュースコラム

Copyright© WiMAXインターネットエリア接続マップ , 2019 All Rights Reserved.