WiMAXインターネットエリア接続マップ

WiMAXの全国の接続エリア状況に関する情報サイトです。この他、Wimax2+のキャンペーン情報やモバイルルーター比較、プロバイダ比較、回線速度などの情報を提供していきます。

ニュースコラム

東芝がPC事業売却を否定。東芝メモリを売却してまで上場維持する必要はあるのか?

投稿日:

東芝はPC事業を台湾ASUSに売却を否定。事実はどこに?

「東芝がPC事業を売却する方針を固め、台湾ASUSと交渉に入った」との一部報道に東芝がコメント。「個別企業と協議入りした事実もない」と否定した。
(出典:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/17/news061.html)

経営再建中の東芝は現在、2018年3月末時点で資産よりも負債を上回る債務超過を解消するために優良資産売却を進めています。
その一つが、東芝メモリで2兆円以上でベインキャピタルを筆頭に企業コンソーシアムに売却が予定されています。
ただし、メモリ事業で提携しているWesttern Digital(WD)は東芝メモリ売却に異議を申し立てている段階で東芝メモリを売却できるかどうかリスクがあります。

現状では東芝が東芝メモリを売却できないままだと債務超過を解消できず、東証の基準により上場廃止になってしまいます。
そこで、上場廃止を回避するために、テレビ事業子会社売却の一環でPC事業売却のニュースが流れたのかもしれません。
上述の通り、東芝はこのPC事業売却を否定しています。

月間インターネット使い放題
Broad wimax

なぜ東芝は収益性の高い資産売却で上場維持を図るのか?

直近の決算では東芝の収益の内、東芝メモリが占める割合は9割です。
これほどまでに収益性の高いビジネスだからこそ、東芝メモリ売却にあたっては、買収価格が2兆円以上でも買収に名乗りを上げる企業が多いのです。

でも、私個人はなぜここまで東芝が東芝メモリを含めた優良資産を売却してまで上場維持を図る必要があるのか疑問です。
確かに、非上場よりも上場している方が資金調達はしやすいです。
現状では、上場維持にしても非上場になったとしても東芝がこれから歩む先は険しいと思われます。

それなら、非上場になったとしても東芝メモリなどコアビジネスを軸に企業経営をした方が良いのかなと思っています。
選択と集中で東芝メモリを柱にしていけば、銀行融資や出資によって資金調達は十分可能ではないでしょうか。

もし、東芝メモリ売却によって上場は維持されても、その時の東芝は(悪い意味で)かなりスリムな企業になっているはずです。
もはや日立や三菱電機と肩を並べていた3大コングロマリットの影も形も無くなるはずです。

どちらに転んだとしても、今後の東芝にはいばらの道しか残っていないでしょう。

WiMAXでスマホ代や光回線など通信費を節約してみませんか?

area2

WiMAXは月額2,726円でインターネット使い放題で通信費をお得に!

WiMAX(ワイマックス)とは、写真にあるようなスマホサイズの専用端末を使ってWi-Fi(無線LAN)にてインターネットができる通信回線のことです

>>WiMAX公式ページ

WiMAXは、端末を持ち歩くこと(モバイル)で自宅でも外出先でもインターネットが利用できるので、モバイルルーターやモバイルWiFiとも言われています。

 WiMAXSoftbank Air光回線
月額料金2,726円~3,696円~5,000円前後
端末本体代無料有料(58,320円)一部有料
工事費無料無料有料(1.8~4万円)
最大通信速度708Mbps350Mbps100Mbps~1Gbps
月間データ通信量無制限無制限無制限
使い方自宅・外出先自宅のみ自宅のみ

インターネット回線と言えば、お馴染みの光回線やスマホのデータ定額(パケットパック)がありますが、料金の安さや利便性、通信品質ではWiMAXが個人的におすすめです
実際、私はWiMAXを7年も使っています。

【WiMAXの特徴】

  • 月額2,726円でWiMAX端末も無料!
  • 月間インターネット使い放題!高速ネットで動画も快適
  • 家でも外でも、スマホやパソコン、タブレットでインターネットが可能
  • 回線工事は不要!即日発送で早ければ翌日に。使い方も簡単
  • WiMAX活用でスマホ料金や光回線の通信費を大幅に節約!

WiMAXは月額2,726円と格安な上に、インターネット使い放題です
スマホなら毎月5GBのデータ通信量に月額5,000円もかかっていますが、WiMAXは定額制で月間データ通信量無制限なので100GB以上も使えますよ。

WiMAXはスマホサイズの端末を持ち歩けば自宅でも外出先でもインターネットができます
外出先では公衆無線LANやスマホでテザリングでネットしていた方も、WiMAXがあればスマホやパソコン、タブレットなどで高速インターネットが可能です。

そして、WiMAXを活用してスマホ料金や光回線などの通信費を半額にすることも可能です
スマホや自宅でのインターネットをWiMAXにまとめるだけで、毎月8,000円以上節約できました。
ちなみに、私のスマホやWiMAXを含めた1ヵ月の通信費用は月額5,500円程度です

WiMAXでスマホやパソコンなどインターネットをもっと快適に、スマホ料金や光回線代などの通信費を節約してみませんか?

WiMAXについて詳しくはこちら

WiMAXでおすすめのプロバイダ・プランはこちら!

WiMAXのプロバイダで月額料金が最安のBroad WiMAXがおすすめ!

きっと、WiMAXを申し込もうと思ってもどのプロバイダや料金プランを選べばいいのか迷っているんじゃないでしょうか?

まずWiMAXを使い始めるには、10社以上あるWiMAXのプロバイダ選びが必要です。
各プロバイダは同じWiMAXの回線を使っているのでプロバイダ間による通信品質の差はありません。

そこで、個人的に一番おすすめなプロバイダがBroad WiMAXです

>>Broad WiMAX公式ページ

Broad WiMAXをおすすめする理由は…、

  • 月額2,726円でWiMAXのプロバイダで最安
  • WiMAXの最新端末が全て無料
  • 満足できない場合は無料でキャンセルが可能

Broad WiMAXの最大のメリットが月額2,726円でプロバイダで最安なところです
他のプロバイダよりもBroad WiMAXは毎月1,000円前後も安いので、気軽にWiMAXを使うことができますよ。

Broad WiMAXでは、申し込み方法として、(1)電話、(2)Web、の2種類ありますが、Webから申し込めば初期費用(18,857円)が無料になるので、Webから申し込む方がお得です

Webから申し込みをする際には、料金プランとWiMAX本体(端末)、支払い方法を選ぶ必要があります。
月間インターネット使い放題で料金を安く、使いやすい、おすすめのプランは下記の通りです。

  • プロバイダ:Broad WiMAX
  • 料金プラン:ギガ放題月額最安プラン
  • 端末(モバイルルーター):「W05」
  • 支払い方法:クレジットカードが便利

端末(モバイルルーター)に「W05」をおすすめする理由は(1)最大通信速度がWiMAX2+で最速、(2)富士山山頂でもインターネット可能な「au 4G LTE」が利用できる、からです
さらに詳細を知りたい方は、Broad WiMAXの詳細と口コミ、そして端末選びはWiMAXでおすすめの端末は?ご覧ください。

スマホからでも申し込みは簡単

オススメ!WiMAX2+プロバイダ

Broad WiMAX WiMAX2+

Broad wimax

Broad WiMAXは月額料金最安値!
Broad WiMAXはWiMAX2+のプロバイダです。
他のプロバイダよりも年間で1万円も安く、キャンペーンにより初期費用・端末代が無料です。
ギガ放題プランは月間データ通信量無制限・安定した通信速度でインターネットを使うことが出来ます。

GMOとくとくBB WiMAX2+

GMOとくとくBBは20日以内ならキャンセル無料!
GMOとくとくBBはWiMAX2+のプロバイダです。
他のプロバイダと比べてキャッシュバックが大きく最大33000円ものキャンペーンを実施中です。今なら端末代・クレードルも無料です。

クレジットカードがない未成年でも申し込み可能!

-ニュースコラム
-, ,

Copyright© WiMAXインターネットエリア接続マップ , 2019 All Rights Reserved.