WiMAXインターネットエリア接続マップ

WiMAXの全国の接続エリア状況に関する情報サイトです。この他、Wimax2+のキャンペーン情報やモバイルルーター比較、プロバイダ比較、回線速度などの情報を提供していきます。

WiMAX2+

WiMAXのクレードルは申し込む必要がある?有線LAN接続や充電が出来るので便利!

更新日:

IMG_2280

WiMAXのクレードルとは?

WiMAXの申し込みをする時に「クレードルの有無」を選択します。
「クレードルって何?」「クレードルは必要?」と迷う方もいると思います。

クレードルとは、写真にあるようなWiMAXを置く土台のような装置です

このクレードルは多くのプロバイダで有料です。
例えば、Broad WiMAXで「W05」のクレードル代は、3,500円です。

クレードルは、申し込み時に購入しなかったとしてもAmazonなどで別売りしているのでいつでも購入することが可能です
現時点では在庫も十分にあるようなので注文後に欲しくなった方でも入手することが可能です。

月間インターネット使い放題

クレードルで有線LAN接続や充電が可能!

1607161

クレードル機能1:充電が可能

クレードルの機能の一つとして、充電が可能です

充電方法は簡単で、WiMAXをクレードルに差し込むだけです。
そうすれば充電できます。

WiMAXは、スマホやタブレットPCと同じマイクロUSB(microUSB)タイプになるのでクレードルなしでも充電することが可能です。
ただし、マイクロUSBケーブルを差し込むのを忘れてしまったらいざ使おうと思った時に充電切れで使えない…なんてことになります。

クレードルがあると、自宅に着いたらWiMAXを置くのが習慣になるので充電忘れはなくなると思いますよ。

クレードル機能2:有線LAN接続が可能

クレードルのもう一つの機能なのが、有線LAN接続をさせることが可能です

WiMAXは無線LANで接続させることが基本的な使い方です。
これによりスマホやタブレットPC、ノートPCなどでケーブルを繋ぐことなく、インターネットをすることができます。

ですが無線LAN対応していない機器でもWiMAXを使いたいケースもあります。
そんな時に役立つのがこのクレードルです。

クレードルには充電用のマイクロUSBのほか、有線LANケーブルの差込口があります。
クレードルにWiMAXをセットし、有線LAN接続させたい機器とクレードルを有線LANで繋げば有線LANでもインターネットが可能です

「無線LAN子機」を使えば有線LAN対応の機器を無線LAN接続させることもできますが、下記の機器を一台のWiMAXで使っています。

  • スマホ
  • タブレットPC
  • ノートPC
  • デスクトップPC
  • 液晶テレビ
  • ブルーレイプレイヤー

無線LAN未対応の機器を複数台使っていることもあり、クレードルを使って無線LAN接続・有線LAN接続で使っています。

WiMAX1台で複数の機器に有線LANを接続させる方法

IMG_3014

WiMAXはクレードルを使うことで有線LAN接続も可能になります。
ただしクレードルには有線LANの差込口は一つしかないのでそのままだと有線LAN接続できる機器は1台だけとなります。

ですが無線LANルーターを使うことで複数の機器で有線LANに接続させることができます
無線LANルーターには無線LAN接続させる機能に加えて、複数台の機器に有線LAN接続させる機能があります。

WiMAXをどのように無線LAN・有線LAN接続させているのか、それを絵に描いてみました。

ご覧の通り、WiMAX(クレードル)とそれぞれの機器との間に無線LANルーターを介しています。
通常の無線LANルーターには有線LANの差込口(ポート)が3〜4くらいあるので複数の機器に接続させることができます。

ちなみにNECのAtermWR8300Nという無線LANルーターを使っています。
5年以上前に購入したタイプですが、WiMAXから複数台の機器に接続させるには十分です。

無線LANルーターを介すことで通信速度に変化はあるか?

有線LAN接続させているデスクトップPCや液晶テレビなどは無線LANルーターを介して使っています。

WiMAXとは直接接続していないわけですが、だからと言って通信速度に特段変化はありません
WiMAXと無線LAN接続させているノートPCと、無線LANルーターを介しているデスクトップPCと、同じタイミングで通信速度を測定してみても変化はありません。

無線LANルーターには対応する通信速度があるのですが、これがWiMAXの通信速度を上回っていれば無線LANルーターを介したところで通信速度に大きな変化はないと思います。

私の使っているAtermWR8300というタイプは無線LAN接続での最大通信速度が168Mbpsであり、WiMAXの最大通信速度220Mbpsを下回っています。
ただWiMAXは、データ通信の使いすぎで常に速度制限を受けているので実際には220Mbpsも出ておらず、今の無線LANルーターの最大通信速度でもストレスなく使えています。

無線LANルーターを選ぶ時には通信規格と最大通信速度に注意する

WiMAX2+のパフォーマンスを最大限活かす為にも無線LANルーターを購入する時には、最大通信速度には気をつけたほうが良いです

無線LAN接続させる時にはルール(無線LANルール・WiFi規格)があり、「IEEE 802.11ac」が主流です。
「IEEE 802.11ac」は、433Mbps〜693Mbpsのデータ通信を行うことができる速い規格であり、WiMAXはこの規格に対応しています。

「IEEE 802.11ac」は、無線LANルーターのアンテナの数により最大通信速度は変わりますが、遅いモデルでもW03の最大通信速度を上回っているので「IEEE 802.11ac」に対応している無線LANルーターであればWiMAX2+の十分にパフォーマンスを活かすことが出来ると思います

WiMAXは格安でインターネット使い放題!WiMAXとは?

area2

WiMAXは月額2,726円でインターネット使い放題で通信費をお得に!

WiMAX(ワイマックス)とは、写真にあるようなスマホサイズの専用端末を使ってWi-Fi(無線LAN)にてインターネットができる通信回線のことです

>>WiMAX公式ページ

WiMAXは、端末を持ち歩くこと(モバイル)で自宅でも外出先でもインターネットが利用できるので、モバイルルーターやモバイルWiFiとも言われています。

 WiMAXSoftbank Air光回線
月額料金2,726円~3,696円~5,000円前後
端末本体代無料有料(58,320円)一部有料
工事費無料無料有料(1.8~4万円)
最大通信速度708Mbps350Mbps100Mbps~1Gbps
月間データ通信量無制限無制限無制限
使い方自宅・外出先自宅のみ自宅のみ

インターネット回線と言えば、お馴染みの光回線やスマホのデータ定額(パケットパック)がありますが、料金の安さや利便性、通信品質ではWiMAXが個人的におすすめです
実際、私はWiMAXを7年も使っています。

【WiMAXの特徴】

  • 月額2,726円でWiMAX端末も無料!
  • 月間インターネット使い放題!高速ネットで動画も快適
  • 家でも外でも、スマホやパソコン、タブレットでインターネットが可能
  • 回線工事は不要!即日発送で早ければ翌日に。使い方も簡単
  • WiMAX活用でスマホ料金や光回線の通信費を大幅に節約!

WiMAXは月額2,726円と格安な上に、インターネット使い放題です
スマホなら毎月5GBのデータ通信量に月額5,000円もかかっていますが、WiMAXは定額制で月間データ通信量無制限なので100GB以上も使えますよ。

WiMAXはスマホサイズの端末を持ち歩けば自宅でも外出先でもインターネットができます
外出先では公衆無線LANやスマホでテザリングでネットしていた方も、WiMAXがあればスマホやパソコン、タブレットなどで高速インターネットが可能です。

そして、WiMAXを活用してスマホ料金や光回線などの通信費を半額にすることも可能です
スマホや自宅でのインターネットをWiMAXにまとめるだけで、毎月8,000円以上節約できました。
ちなみに、私のスマホやWiMAXを含めた1ヵ月の通信費用は月額5,500円程度です

WiMAXでスマホやパソコンなどインターネットをもっと快適に、スマホ料金や光回線代などの通信費を節約してみませんか?

WiMAXについて詳しくはこちら

WiMAXでおすすめのプロバイダ・プランはこちら!

WiMAXのプロバイダで月額料金が最安のBroad WiMAXがおすすめ!

きっと、WiMAXを申し込もうと思ってもどのプロバイダや料金プランを選べばいいのか迷っているんじゃないでしょうか?

まずWiMAXを使い始めるには、10社以上あるWiMAXのプロバイダ選びが必要です。
各プロバイダは同じWiMAXの回線を使っているのでプロバイダ間による通信品質の差はありません。

そこで、個人的に一番おすすめなプロバイダがBroad WiMAXです

>>Broad WiMAX公式ページ

Broad WiMAXをおすすめする理由は…、

  • 月額2,726円でWiMAXのプロバイダで最安
  • WiMAXの最新端末が全て無料
  • 満足できない場合は無料でキャンセルが可能

Broad WiMAXの最大のメリットが月額2,726円でプロバイダで最安なところです
他のプロバイダよりもBroad WiMAXは毎月1,000円前後も安いので、気軽にWiMAXを使うことができますよ。

Broad WiMAXでは、申し込み方法として、(1)電話、(2)Web、の2種類ありますが、Webから申し込めば初期費用(18,857円)が無料になるので、Webから申し込む方がお得です

Webから申し込みをする際には、料金プランとWiMAX本体(端末)、支払い方法を選ぶ必要があります。
月間インターネット使い放題で料金を安く、使いやすい、おすすめのプランは下記の通りです。

  • プロバイダ:Broad WiMAX
  • 料金プラン:ギガ放題月額最安プラン
  • 端末(モバイルルーター):「W05」
  • 支払い方法:クレジットカードが便利

端末(モバイルルーター)に「W05」をおすすめする理由は(1)最大通信速度がWiMAX2+で最速、(2)富士山山頂でもインターネット可能な「au 4G LTE」が利用できる、からです
さらに詳細を知りたい方は、Broad WiMAXの詳細と口コミ、そして端末選びはWiMAXでおすすめの端末は?ご覧ください。

スマホからでも申し込みは簡単

オススメ!WiMAX2+プロバイダ

Broad WiMAX WiMAX2+

Broad wimax

Broad WiMAXは月額料金最安値!
Broad WiMAXはWiMAX2+のプロバイダです。
他のプロバイダよりも年間で1万円も安く、キャンペーンにより初期費用・端末代が無料です。
ギガ放題プランは月間データ通信量無制限・安定した通信速度でインターネットを使うことが出来ます。

GMOとくとくBB WiMAX2+

GMOとくとくBBは20日以内ならキャンセル無料!
GMOとくとくBBはWiMAX2+のプロバイダです。
他のプロバイダと比べてキャッシュバックが大きく最大33000円ものキャンペーンを実施中です。今なら端末代・クレードルも無料です。

クレジットカードがない未成年でも申し込み可能!

-WiMAX2+
-,

Copyright© WiMAXインターネットエリア接続マップ , 2019 All Rights Reserved.